花を育てる時の手順|野菜の種の正しい保存方法を学んで入念に家庭菜園|肝に銘じよう

野菜の種の正しい保存方法を学んで入念に家庭菜園|肝に銘じよう

ウーマン

花を育てる時の手順

庭園

花が綺麗に咲くかどうかは自分の腕にかかっています。花の苗の植え方はもちろん、植えた後のお手入れもしっかりと行なう必要があります。花を育てる時の基本的な流れは、まず花の苗を鉢に植えることからです。水はけの良い土を鉢に半分ほど入れ、そこに花の苗を置きます。その際、花の苗は根をほぐして枯れた下葉は取っておきましょう。植え込みの土は鉢のフチから3~4cm下が最適です。土を入れすぎてしまうと水管理がやりにくくなってしまうので気を付けましょう。肥料を1cmほど指で押し込んだら、水をたっぷりとあげます。植え込んでからしばらく経つと新芽が出てきます。そうしたら、摘芯をして新芽を切っていきましょう。摘芯をすることで横から新芽が出てくるようになります。そうなると枝の数も花の数も増えるので、鉢全体が葉で覆われるまでは2~3回繰り返しましょう。

鉢が軽くなったと感じたら土が乾いているのかもしれません。この時が水やりの最適なタイミングです。「乾いてからじゃ遅い」と思うかもしれませんが、土が乾く前に水やりをしてしまうと、根が腐ってしまうことがあります。水やりは葉や花に水がかからないように注意して、鉢の底から水が流れてくるまでたっぷりあげましょう。もし葉の色が薄くなってきたと感じたら、肥料が足りない可能性があります。肥料は植物が元気に育つために欠かせない栄養素です。肥料をあげる時は花や葉・茎に直接触れないように注意してあげるようにしましょう。