良い苗木か見極めよう|野菜の種の正しい保存方法を学んで入念に家庭菜園|肝に銘じよう

野菜の種の正しい保存方法を学んで入念に家庭菜園|肝に銘じよう

ウーマン

良い苗木か見極めよう

夫婦

庭に木を植えようと思ったら、まずは苗木を選ばないといけません。せっかく木を植えても、選んだ苗木が弱っていたら木が元気に生長できません。良い苗木を選ぶことで元気で綺麗な庭木に育てることができるのです。良い苗木かどうか見分ける方法がいくつかあります。

まず、幹や枝に穴が開いていたり傷がついていたりしていないかチェックしましょう。木を大切に扱っていれば、穴が開いたり傷がついたりすることはありません。もし販売業者や生産者が木を雑に扱っていると枝が折れてしまいます。また、幹や枝に穴が開いている場合、害虫がいる可能性があるのでこうした苗木は避けましょう。良い苗木というのは下枝があります。下枝というのは株元の近くから出ている枝のことを言います。この下枝がなければ、不自然で安定感のない見た目になります。小さくとも大木のような安定感を出すには、下枝の存在がポイントになります。後から生えてくるだろうと思うかもしれませんが、その可能性は低いので購入する時に注意して見ておく必要があります。また、葉の数が少なく黄色っぽくなっている苗木もおすすめできません。元気な苗木は葉の数が多く、濃い緑色をしています。これは根元が元気な証拠です。逆に葉が少なく色も悪い苗木は根の状態が悪い可能性が高いです。いくつか同じ苗木が売られているのであれば、それぞれの苗木を見比べてみて一番状態の良さそうなものを選びましょう。自分ではよく分からないという人はお店の人に聞くなどして教えてもらうのも良いですね。